FC2ブログ

08月≪ 2018年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018.01/27(Sat)

『悲しみよ こんにちは』

フランソワーズ・サガンの、『悲しみよ こんにちは』

20180127-001.jpg

とても有名な作品ですが、この歳になって初読です。

昨年夏、ふと思いついて読んでみました。


17才の女の子・セシルが主人公で、その父と、父の恋人達、セシルの恋人が主要な登場人物となります。

セシルも父親も気ままに遊んで暮らすのが好きな親子で、南仏の海辺の別荘に、親子と父の恋人の3人でヴァカンスを過ごしにやってきます。

そこで起きる、ひと夏の出来事を書いた小説。


普通に考えれば、セシルや父の行動や言動は自分勝手で愚かなのですが、作者の文章力なのか、なぜか共感できる部分もあります。

すっきりしないほろ苦さのような感情が残りました。

若い頃に読んだら、また違った感想を持ったのかなあ。

セシルは、どんな大人になるんでしょうね?
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

12:00  |  読書・映画・TV・音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://gootarafc2.blog76.fc2.com/tb.php/1177-f67c55dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |